2011年08月12日

The change of making tracks / トラック作りの変化

I have noticed myself that I changed the way I make tracks / compose songs since a year ago.

I have been a guitarist and and it is my main instrument, but for recordings, I play others like bass and synth.

When I made the song "Cart," I believe I started from Kawaii K-1 II vintage synth (is 1989 already called vintage???).

There are a few sounds I have linked in K-1 II and still use it.

But, I used to recorded guitar at first on most of songs.

Specially, when I wrote a riff and do the rest part while recording on soft ware, Logic.

But, I never ever used the score function too much until I worked with classical players who cannot play by chords.

It was hectic since I was not familiar to use the function in Logic, but it was very educational.

These days, I have recorded some of the songs I wrote long time ago.

Before I recorded guitar and vocal, I just used the soft samplers in Logic and programmed the vocal part and chords by acoustic piano. it really really gave me a fresh way to look at the song and gives me a better whole picture of the song.

With Midis/software instruments, I can easily transpose, change the tempo and change to other instruments.

I came from a rock band and really liked organic groove and loved to play bass. But, now, I even program the bass part but include my emotion and knowledge as a musician.

As I mentioned from the last blog, I was very old school and spoiled to analog way to create music and never accepted much of digital tool as I do now. Partially, software instruments sound amazing and not too expensive at all. Partially, it is my new phase to do something different to me, maybe not to the others.

Going back to the issue of using piano as a tool to sketch a big picture of a song, it actually did not end up as a temporary drawing, it has become a part of my powerful instrument in tracks. You may hear alot of piano by Ivory II on my recent track, Eternal Light.

何故か最近はピアノからトラックに録音する傾向にあります。

ギターが一番自分に近い楽器なんですが、去年からピアノで歌のメロディとコードを打ち込んでから、全体像を見て、歌を最後に入れたりしてます。

昔はほとんどギターから録音してましたし、未だに作曲の時はギターです。しかし、録音となると、ベースやピアノを弾きます。

"Cart"を最初に作った時も、確かカワイのK-1 IIにある音色から初めて、それからギターのリフが出来たり。。。

ちなみに未だにK-1 IIにある数個の音色は好きで、たまに使っています。

そして、つい最近まではギターから入れて、何度も塗り直したりしてました。

しかし、去年、クラシック奏者達との演奏の時に、自分が使っているLogicというソフトの中の譜面の機能を初めて使うこととなりました。

コード譜だけを渡して演奏出来る人達ではなかったので。

これ以降、ピアノがスケッチのみならず、トラックの中にも存在感のある一部となって、今の自分のトラックに反映されているような気がします。もちろんこれは、最近のソフト音源が非常に安価で良い音だ、ということもあります。前はベースのグルーブは絶対人間が演奏しないと出ない、と思って、一生懸命録音してましたが、最近はベースも打ち込んでいます。もちろん、気持ちも、自分が知っているリズムに対する知識を使ってますが。色んな心境の変化もありますが、トラック作りのやり方はかなり変わって来ており、久々に楽しく録音をしています。

"Eternal Light"の最新ヴァージョンでは、Ivory IIで鳴らしているピアノが聞けます。

"Eternal Light" Studio Live (July 31, 2011):


Yoshi
posted by YOSH-INFO at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。